なぜ歯並びが悪くなるのか

ママの歯並びが悪いと「自分の子供も歯並び悪くなってしまうかもしれない・・・」と言う声をよく聞きます。
実は、歯並びは実は遺伝的要素はかなり少ないです。

遺伝よりも大きな影響…

1.口呼吸
2.舌の位置・癖
3.嚥下(飲食物を飲み込むこと)

歯並びは生まれた後に身につく【呼吸】の方法【唇やベロの力のバランス】によって変わってきます。
歯はたった2グラムの力で動いてきます。しかし、ベロや唇の力は数100グラム。
こうした唇やベロが間違った位置や間違った働きをしてしまうと、歯並びが悪くなってしまうのです。

歯並び以外にも目に見える問題につながります。
  • 花粉症
  • 顔のゆがみ
  • アトピー
  • アレルギー
  • 精神病
  • 集中できない
  • 姿勢・猫背
  • ぼーっとした顔つき
  • 風邪をひきやすい
  • 喘息

綺麗な歯並びを作るポイント

お子さまのお口をパッと見てみてください。

  • 唇と唇はくっついていますか?
  • 夜寝ている時にお口をぽかんと開けていませんか?

現在、口呼吸でお口がポカンとしているお子さまがとても増えています。
当院に通っている子供たちも80%が無意識の時にお口が常に開いています。
その中の83%の子は、歯並びが悪い状態です。
また、口がぽかんとあいていると、体の中に汚い空気を取り入れてしまうため、歯並びが悪くなるだけではなく、鼻炎やアレルギー、姿勢が悪くなってしまうお子さまが増加傾向にあります。

PAGE TOP