感染の窓・母子感染

『むし歯は感染症』知っていますか?

むし歯もインフルエンザや風邪を引くのと同じように、感染します。
生まれた時はむし歯菌は0!!!

むし歯はどのように感染するのでしょう?

コップ、お皿、スプーン、お箸などの食器の共有や、コミュニケーション、スキンシップなどでお母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟・・・からうつります。

感染の約7割は、一番長い時間一緒にいるお母さんからと言われます。
おじいちゃんやおばあちゃんとの関わりがある場合は、おじいちゃんおばあちゃんにも知っていただき協力してもらうことでお子様の感染を最小限にすることができます!

100%感染してしまわないようにするのは、とても難しいですが、今の状態を調べてどうすればいいのか一緒に学びましょう!

感染いつから?

歯が少しでも生えてきたときからスタート

みなさんのお子さんは歯は生えていますか?
少しでも歯が頭を出していたら、感染は始まっている証拠になります。感染は歯が頭を出したとき〜4歳くらいまでは続きます。

1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月の1年間

感染の時期の中で最もピークで移ってくる時期のことを、「感染の窓」と言います。
窓を全開に開けているのと同じように、その時期には、たくさんの菌を受け入れてしまう時期です。

お母さんやお父さんのお口の中の状態はどうでしょう?

お子様のお口の状態は、お父さんお母さんに似てきます。
一緒に生活をしているので同じような状態になるのです。
お子様にむし歯0をプレゼントする為に、お父さんお母さんも自分に必要なことを学んで家族で健康を手に入れましょう!

歯医者さんは、痛い思いをしに来るところではありません!

PAGE TOP